生かされている自分を大切に毎日最善の努力をし感謝して生きる = 2-2 = 第 241 号

 釈尊は『賢愚経(けんぐきょう)』で弟子たちに次の

ように語っています。

  過去を追うことなかれ。未来を追うことなかれ

  過去はすでに過ぎ去れり。未来はいまだ来ざりき

  ゆえに、ただ今なすべきことを、そのところに

  おいてよく観察し揺(ゆ)らぐことなく、動ずる

  ことなく、よく見極めて実践せよ

  ただ今日なすべきことを、よくなせ

  誰か明日の死あることを知らん

 過去の出来事を、いくら悔(く)やんでみたり、未来の

ことを、いちいち思い煩(わずら)ってみたところで、

どうにもなるわけでなし、それよりも、ただ今の自分を、

いつも最高の状態であるように、最善の努力をしなさい、

というのです。

 よく禅堂の廊下には、行事の開始を告げる板木(ばんぎ)

がかけてあり、そこには「生死事大(しょうじじだい)、

光陰可惜(こういんかせき)、無常迅速(むじょうじんそく)、

時不待人(じふたいじん)」と書かれています。

 読んで字のごとく「生死事大なり、光陰惜しむべし、

無常迅速にして、時は人を待たず」で、時間は刻一刻と

過ぎてゆき、私達の人生は二度と戻ってこないのだから、

ただ今の時を大切にせよ、と戒めています。

 しかし、現在の時を生かし最善の努力をするには、

自分の心身を自由自在にコントロ-ルし、フルに働かす

ことが出来なければなりません。

 ところが、最近の私たちは、仕事に追い回されて

がんじがらめになり、心身共にくたくたに疲れ果て、

ストレスがたまり不調を訴える人が増えています。

 これではせっかくの人生も台無しです。

 ストレスとは、カナダの心理学者セリエ(1982年没)が

言い始めた言葉ですが、今日では主に、社会的な不適応

や不安から起こる一種の心身症で、純粋に生理的な現象で

あるといわれています。

 私達はとかく、頭や身体を使わずに、気ばかり使って

いるようです。

「病は気から」といわれるように、今の世の中は、社会

機構が複雑化し、対人関係が煩わしくなっているせいか、

気の病気が増え、心療内科やカウンセリングが大繁盛

している有様です。

 これは決してほめた話ではなく、私たちは自分の無理や、

焦りや、苛立ちから、自分自身を解放させる必要が

あります。

 それにはまず、現状に満足し感謝するという、仏教で

説く『小欲知足(しょうよくちそく)』の精神を生かす

ことではないでしょうか。

 私自身、すこしおめでたい人間であるせいか、いくら

自分が惨めな状態で苦しくても、今生きて居られるだけ

でもしあわせと考えています。

 もちろん、嫌なことや腹立たしいことはいっぱいあり

ますが、それらは自分を試す試金石であると思えば、怒る

気にもなれず、だまされたり、失敗や損をしても「ダメで

もともと」と考えれば相手を憎んだり、悔しがったり

する気にもなれません。

 そして、いつも自分自身に不満を抱き、周囲に当たり

散らしている人を見るにつけ、気の毒な方だなと思って

います。

 人それぞれの生き方があり、どんな生き方をしようと

本人の自由ですが、たとえ、自分が、今、どんな状態に

あろうとも、常に自他に不満や恨みを抱いて、感謝する

ことを知らない人は、不幸だといえましょう。

          ( 仏教伝道協会 みちしるべより )

  今回も最後までお読みくださり、

          ありがとうございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)