【10年後の常識!】自らの笑いが病気の回復や健康に大きな影響がある 第 252 号

No.30★「笑いヨガ健康法」★

(対象者と目的) 

 プチうつの人、免疫力が低下気味の人、

顔の表情が硬い人、最近笑いが少ない人、

何となく元気が出ない人、

マイナス思考に傾いている人、運動が苦手な人に、

 目的は上の症状改善と免疫力の向上、自律神経を

安定させ即効で元気になる方法です。

(売りは)

 笑いを利用した即効性があり効果が高い健康法です。

 ラフターヨガ=笑いヨガは、ヨガの一種だと

思われがちですが全く違い、ヨガの呼吸法と笑いの

体操を合わせたエクササイズです。

 95年にマダン・カタリアというインドのお医者さん

が発明した方法で世界中に広まっており、日本でも

認定指導者が全国でセッションを開催しています。

ラフターヨガ・ジャパン http://laughteryoga.jp/

日本笑いヨガ協会 http://waraiyoga.org/ 

(やり方)

 指導者がいた方がベターですが、DVDなどを観な

がら一人で行うことも可能です。

 まず、無理やり笑うのですが、不思議なことに

気づきます。

 最初はコツをつかむ必要ありですが、無理やり

笑っていると心のスイッチが入り、本当に愉快な

気持ちになっていくことです。

 全国で開催されていますし安価なので一度参加

してみてください。

百聞は一見にしかずですから。

(使ってみての感想) 

 岡田やスタッフ、数人のクライアントが、過去

笑いヨガのレッスンに参加しています。

(最近はご無沙汰ですが)

 笑いヨガは思った以上のスゴイ効果があります。

 岡田は10kmランニング直後に体験しましたが、

翌日、全く肉体疲労が残りませんでした。

 これは笑いヨガの回復力によるところ大です。

 約1時間のレッスンは意外に全身運動です。

 理由は笑いは体幹を使う全身運動だからです。

 今回はレッスン後に20kmランニングを実施。

 ふだんより長距離なので翌日に疲れが残るはず

ですが、それがそれほど疲労は残りませんでした。

明らかに回復力は増します。

(どんなメカニズムが働くの)

 笑いが病気の回復や健康に大きな影響があることは、

数々の科学的な研究により既に知られていますが、

笑いヨガの画期的なところは、誰かに笑わせてもらう

のではなく、

 自ら積極的に笑うエクササイズだという点です。

 はじめは、自発的に笑うことに少し戸惑いますが、

先生に誘導され参加者が笑うことで笑いの磁場が

できあがります。

 そして、慣れてくると本当に楽しく笑えるようになり、

やがて、参加者全員が笑いの渦に巻き込まれていきます。

 セッション終了後は笑いのハードルが低くなっており、

にこやかで表情が柔らかくなることは確認していますし、

数回参加後には職場や日常生活においても、

 表情が豊かで笑いの回数が多くなっていることに

気づきます。

(プラスαの心がけ) 

 健康と笑いは直結しています。

 鏡を見ながら声を出して笑ってみましょう。

 そのうち本当に明るい気分に変わります。

 人類健康化の水先案内人/岡田さいじさんのブログ

より許可を得て転載

 ブログ・所長の引き出し 第471号 2016年5月9日発行

            ★「笑いヨガ健康法」★

              http://kenkokagaku.lekumo.biz/blog/

 【真理にかなった施術法&健康法の選別と開発】

 大阪市住吉区帝塚山東3-4-10健康科学整体研究所 

      http://kenkokagaku.net/

   今回も最後までお読みくださり、ありがとう

               ございました。 感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)