食を考えさらに健康を高める 第 7 号

 今や、ほとんど(全部じゃ無い)の、加工食品や

調味料までにも食品添加物(ビタミンCとかアミ

ノ酸等とか、ラベルには表示されているが実

は加工された立派(?)な添加物)が含まれている。

 加工食品の甘味は、今やほんとの砂糖じゃなく

「甘い麻薬」といわれる、異性化糖・人工甘味

料(アスパルテ-ム・スクラロ-ス)冷えた清涼

飲料や冷菓(アイスクリ-ム等)も同じ

 果糖ブドウ糖液糖‥‥何とも訳の解らない小さ

くて読めないラベル表示がある。

 無添加や無農薬の食品が、健康に良いかのような

商品広告や一部メディアの派手な広告。

 食品添加物以外に病原性微生物(病原性大腸菌O157

など)をはじめ、農薬の残留、カビ毒・ふぐ毒など

の自然毒、食品容器からの溶出化学物質など、

食の安全を脅かす物質は多い

 加工食品に全面的に依存せず上手に選んで利用し、

地元で採れた旬の食材を、自分で調理して食べる

ことが最も大切であると考えます。

 ( 2015年7月18日付 毎日新聞 や 

山田博士いのち研究所 http://yamadainochi.com 

に詳しく書かれています )

 そしてその結果が、今や2人に1人が、生涯で

ガンになると言われている日本。

 手術や放射線治療・抗がん剤治療など治療法は様々

ですが、今「食事療法」に新たな光明が

見え始めています。

 末期ガンや晩期ガンと呼ばれて、もう手術や放射線

治療ができないような状態の、患者さんに「食事

療法」で効果が出ているデ-タ-があります。

 胃ガンや大腸ガンと症例は様々ですが、そのうち

「食事療法」によってガン細胞が、完全に消える

か、もしくはかなり症状が改善される方が、

412名中、252名おられ、これが全体

の60%程度にあたります。

 この「食事療法」は体が本来持ち合わせて

いる免疫力や代謝機能を取り戻し、更に

それを高めることで、ガンの治療

効果を上げようとするものです。

 ですからガン治療にはもちろんのことガンを

含めた病気を、未然に防ぐうえでもこの「食

事療法」はかなり有効なものと考えられます。

 それが「済陽式食事療法の八大法則」と

いうものであります。

1 塩分を制限する(一日5グラム以内)。

2 動物性たんぱく質・脂質を制限する

  (四足歩行動物の肉類は週に一回程度)

3 新鮮な野菜と果物を大量に摂取する

  (一日200~500ミリリットルのジュースと

  野菜350グラム~500グラム)。

4 胚芽を含む穀物、豆類、いも類を摂取する

  (週に一~二回は玄米)

5 乳酸菌、海藻類、きのこ類を摂る

  (ヨーグルトは一日300グラム)。

レモン、はちみつ、ビール酵母を摂る。

油はオリーブ油またはごま油にする。

自然水の摂取。

 ( 具体的な内容については、月刊誌「致知」

      2015年10月号 をご覧下さい )

 健康を保つためには、体内を弱アルカリ性

に保つのが理想。

 血液中にたくさんの酸素が取り込まれ、

細胞機能が正常に働くようになります。

 アルカリ食品を多く摂取し、水分をたくさん

摂ることは、身体機能を正常にするだけでなく、

身体をエネルギッシュにし気分を高めます。

 絶対にとらなければいけないタンパク質は、

肉、魚、卵、米、乳製品、植物油などです。

 但し酸性食品です。

 アルカリ性食品は、新鮮な緑の濃い葉野菜、

ニンニク、ショウガ、レモン、アボガド、

アーモンド、ココナッツ、海塩などです。

 要はアルカリ性・酸性食品を一緒に合わせて

食べるということです。

 特に調味料は、手間暇をかけた本物を使うことで、

調味料に含まれる酵母や酵素ミネラルは、少量

でも体に必要な栄養素なのです。

( 詳細は「健康 Dr. BO の日本人のための究極の健康法」

       アンチエイジングラボ ( 坊 昭彦 )

Facebook:https://www.facebook.com/akihiko.bo 

ブログ:http://boakihiko.com )

 あなたはどちらですか?   

 いつも「自己責任」で生きているか。

 いつも「他人任せ」で生きているか。

 病気も怪我も治すのは自分自身。

 お医者さまでも、薬でも、機能性食品

でもありません。

 外敵から身を守るのは自分自身の免疫力です。

 体は外からの異物、自分と違うタンパク質に

対して反応をします。

 菌やウイルスを殺すのは、それらのタンパク質

に反応しているからなんです。

 そして、傷ついた細胞を治すのは免疫力では

なく自然治癒力です。

 いくら免疫力を高めても自然治癒力が弱ければ、

体は傷つきやすく老化を早めます。

( 静岡県焼津の「生活習慣病予防指導士」である

佐野さんのメルマガ「魔女の家庭医学」

http://www.genkikai.info/ を参照して下さい )

 肩の痛みなり腰痛等は、その部分の筋肉における

血液循環が悪くなることによって、疲労物質が

筋肉に溜まっていくという現象なのだろう。

 人間の体は誰でもその奥底に持つ自然治癒能力

が、うまく働くように自分自身の体の要求に

従うことが非常に大切です。

 不思議なことに思えますが、体は自分の

治療方法を知っています。

 今に生きる人は、メディア等で知識を取り入れる

ばかりで、それが果たして自分自身に合っている

か否かは、最終的には「自分の体の声を聞く」

ことでしか判断できないように思う。

 体を労り更に意識を高くしないと、そういう

敏感さは養われないでしょう。

        今日も読んで戴き有難うございます。 

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)