「決断」は経営者にとって重要なキーワードである 第 1,997号

「仕事で実績出したければ、サウナに入れ!」-

ヤフー株式会社代表取締役社長CEO川邊健太郎氏

 

 世界の食とサウナをめぐって旅をする経営者・

本田直之と、“ととのえ親方”ことプロサウナー

松尾大による、“ビジネスに効く”サウナ術!

 

 僕らにとってサウナに入ることはお風呂に入る

ことと同じように習慣化してしまっていて、

もはや「何のために入るのか」と改め

て意識することは少ない。しかし、

その目的をあえて言葉にする

ならば、それは、「ととのう」ためである。

 

 フィジカル的効用⇒運動後の爽快感、

リフレッシュ効果。

 

 なぜ、サウナでアイデアが生まれるのか。

 

 起業家やクリエイターという切り口でサウナ

を語る際には「アイデア」というのが

ひとつのキーワードになるだろう。

 

 もちろん普通のビジネスパーソンも自分で

アイデアを出したり、決めなければいけ

ないことは少なからずある。

 

 しかしながら、そもそも起業に際しては、

人とは違うアイデアが必要。

 

 だから彼らは、普通の人よりシビアな「アイ

デア」の世界を生きていると言っても、

差し支えはないだろう。

 

 そうするとまず考えられる仮説は「サウナ

がアイデアを生み出す場として機能

している」ということだ。

 

 もちろんひとりで考え事や瞑想を

するのに良い空間である。

 

 あくまで複雑な思考の補助として、サウナ

という空間を利用するのが良いだろう。

 

 サウナで考え、水風呂で決断する。

 

 「決断」もまた、経営者にとって

重要なキーワードである。

 

 

 本田直之『人生を変えるサウナ術』

  の詳細、Amazon購入はこちら↓

   https://amzn.to/3aQa8UP

 

 

 今回も最後までお読みくださり、

    ありがとうございました。感謝!

スポンサードリンク

♥こちら噂の話題満載情報♥

ぜひ、いいね!を「ぽちっ」とお願いします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください