「 世間動静全般 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
「何ごとにも動じない強い心」をはぐくむ  第 2,084 号

「何ごとにも動じない強い心」をはぐくむ 第 2,084 号

 祖父方は仙台藩士、祖母方は米沢藩士という 武家の血を引く。幼いころより明治生まれ の祖母より教育を受け、長じてからそれ が武士道にもとづいた武家の教えで あったことに気づく。  歴史の研究をライフワークとし、特に幕末史 や幕末の人物、風俗、風習、文化、教育など を学んでいる。民俗学や地方史にも興味 を抱いている。  明治女には、不思議な魅力とカッコよさが ある。知れば...

続きを読む

少数より多数のほうが賢い.知恵を集める者が勝つ  第 2,079 号

少数より多数のほうが賢い.知恵を集める者が勝つ 第 2,079 号

 世の中には2種類の人間がいる。「世界を 変えられる」と信じている人間と、 信じていない人間だ。  世界のイノベーターたちは例外なく、自分 は世界を変えられると心から信じていた。 マイクロソフトのビル・ゲイツ。グーグルの ラリー・ペイジ。フェイスブックのマーク・ ザッカーバーグ。そしてアップルのスティ ーブ・ジョブズ。この5人の創業者たち は世界的なイノベーションを起こし...

続きを読む

人々の願いを叶えるものそれが「ポジティブ心理学」である  第 2,077 号

人々の願いを叶えるものそれが「ポジティブ心理学」である 第 2,077 号

「感動、喜び、イキイキワクワクすることが、 よい遺伝子のスイッチをオンにし、 悲しみや苦しみ、悩みが 悪い遺伝子のスイッチをオンにする」 遺伝子工学の第一人者・村上和雄さんは、 その主張を実証する上で、アメリカ発祥の ポジティブ心理学に注目します。 ポジティブ心理学とはどのようなものなのか。 『致知』4月号の村上さんの連載の一部を 紹介します。 ────────────...

続きを読む

植物のほうが動物よりも生命力が強くエネルギーに満ちている  第 2,074 号

植物のほうが動物よりも生命力が強くエネルギーに満ちている 第 2,074 号

 根菜パエリア、豆腐で作るかば焼きもどき など、血液循環を良くして細胞の代謝機能 を高め、無理なくやせて若さを保つヨガ クッキングを味わってみよう。  著者は長崎県・平戸出身。ヨガ・瞑想・気法・ 呼吸法・ソウルヒーリング・潜在心理・ 精神哲学の研究者。  本格的なヨガ修行と潜在意識の研究のために インド、ネパール、ヨーロッパ、アメリカに 20数回渡る。1983年、全インド...

続きを読む

相手の立場に立って冷静に物事を捉える習慣が求められます  第 2,073 号

相手の立場に立って冷静に物事を捉える習慣が求められます 第 2,073 号

芥川龍之介の代表作である『羅生門』。 荒廃した京を舞台に繰り広げられる下人と老婆の 人間模様は、現代社会を象徴するものであると 本誌連載でお馴染みの文学博士・鈴木秀子さん は語られます。 この小説は私たちにどのようなメッセージを 送っているのでしょうか。 ─────────────────── (鈴木) 主人公の下人は、この荒れ果てた羅生門の下で、 行く宛てもないま...

続きを読む

犯罪者やテロリストの数も急増して刑務所は常に満杯状態  第 2,068 号

犯罪者やテロリストの数も急増して刑務所は常に満杯状態 第 2,068 号

 世界の混沌や不安定さを嘆くよりも、不安定 であることを前提に、日本としての身の処し 方を考えるほうが建設的!世界の中で我々 が「どうすべきか」という問いに答える ためには、世界が「どうなるか」と 正確に予測せねばならず、その ためには現状を正確に認識する必要があります。  地上波メディアの報道番組では、速報性という 観点から、どうしても、事実の推移を逐一追い かけていかざる...

続きを読む

海洋環境保全を意識した時!日本は世界が羨む海洋大国になる  第 2,065 号

海洋環境保全を意識した時!日本は世界が羨む海洋大国になる 第 2,065 号

 日本近海の海底には、金、銀、レアアースなど、 約200兆円もの資源が埋蔵されている! 東日本 大震災に見舞われた日本列島は、こうした 過酷な自然災害が頻発する場所。しかし 同時に、地球のプレートが沈み込む 場所に存在するがゆえ、海底に 世界有数の鉱物資源が生み出されるのだ。  日本企業の凄いところは、本来は第一次産業で あるはずの鉱業から、鉱山開発で培われた金属 ・化学・機...

続きを読む

お金に対する執着の強い人間には警戒して近づかないこと  = 2-1 =  第 2,053 号

お金に対する執着の強い人間には警戒して近づかないこと = 2-1 = 第 2,053 号

 どんな相手にも「ぶれない」「びびらない」 「怒らない」――。ビジネスでも人生でも、 人と相対したときにどう振る舞えるかが 結果を大きく左右する。いつでも最高 のパフォーマンスをするには、どん な心持ちでいることが重要なのか。 外国の要人、日本国首相、そし て特捜検察などに対してギリギリの 交渉力を発揮してきた著者が、現代を “図太く"生き残るための処世術を伝授する。  外...

続きを読む

秩序なき生き残り競争なら我々の方が(民主国家よりも)使える手段が多く有利だ  第 2,048 号

秩序なき生き残り競争なら我々の方が(民主国家よりも)使える手段が多く有利だ 第 2,048 号

 暗殺、デマ拡散、ハッカー攻撃―次々と世界 を揺るがす事件の背後を探るため、著者は 国境を越えて駆け回る。世界の大統領 から犯罪者まで幅広く取材。  偽サイトのトロール工場を訪ね、情報機関の 高官にも接触。時に身の危険を感じる状況 の中で、見えてきた真実とは。想像を 超えて進化する秘密工作、その 現状を活写する衝撃作。  私は特派員として2回、モスクワに赴任した。 その...

続きを読む

ロシア人は”地政学”という言葉が大好き  第 2,047 号

ロシア人は”地政学”という言葉が大好き 第 2,047 号

 ロシアの対外政策を、その特殊な主権観を 分析しながら読み解く。今やロシアの勢力 圏は旧ソ連諸国、中東、東アジア、そし て北極圏へと張り巡らされているが、 その狙いはどこにあるのか。  北方領土問題のゆくえは。蜜月を迎える 中露関係をどう読むか。ウクライナ、 グルジア(ジョージア)、バルト 三国など、旧ソ連諸国との戦略的関係は。 中東政策にみるロシアの野望とは。ロシアの ...

続きを読む

スポンサードリンク