「 戦略・策謀・計略 」一覧

「生きる・食へのご訪問ありがとうございます」

スポンサードリンク
少数より多数のほうが賢い.知恵を集める者が勝つ  第 2,079 号

少数より多数のほうが賢い.知恵を集める者が勝つ 第 2,079 号

 世の中には2種類の人間がいる。「世界を 変えられる」と信じている人間と、 信じていない人間だ。  世界のイノベーターたちは例外なく、自分 は世界を変えられると心から信じていた。 マイクロソフトのビル・ゲイツ。グーグルの ラリー・ペイジ。フェイスブックのマーク・ ザッカーバーグ。そしてアップルのスティ ーブ・ジョブズ。この5人の創業者たち は世界的なイノベーションを起こし...

続きを読む

人の心をつかみ勇気や希望を与える.いわゆる人徳者の顔の特徴  第 2,076 号

人の心をつかみ勇気や希望を与える.いわゆる人徳者の顔の特徴 第 2,076 号

顔からその人の素質や性格を割り出す 「観相学」で知られる藤木相元さん。 達磨(だるま)大師が説いた教えを 60年以上も研究してきた第一人者です。 藤木さんは、脳をうまく使えば顔相は変わって くると言います。 運命を高める「顔と運と人生の法則」とは? ─────────────────── (藤木) 私は松下さんをはじめ、井深さんや本田宗一郎 さんなど、日本を世界に名...

続きを読む

犯罪者やテロリストの数も急増して刑務所は常に満杯状態  第 2,068 号

犯罪者やテロリストの数も急増して刑務所は常に満杯状態 第 2,068 号

 世界の混沌や不安定さを嘆くよりも、不安定 であることを前提に、日本としての身の処し 方を考えるほうが建設的!世界の中で我々 が「どうすべきか」という問いに答える ためには、世界が「どうなるか」と 正確に予測せねばならず、その ためには現状を正確に認識する必要があります。  地上波メディアの報道番組では、速報性という 観点から、どうしても、事実の推移を逐一追い かけていかざる...

続きを読む

海洋環境保全を意識した時!日本は世界が羨む海洋大国になる  第 2,065 号

海洋環境保全を意識した時!日本は世界が羨む海洋大国になる 第 2,065 号

 日本近海の海底には、金、銀、レアアースなど、 約200兆円もの資源が埋蔵されている! 東日本 大震災に見舞われた日本列島は、こうした 過酷な自然災害が頻発する場所。しかし 同時に、地球のプレートが沈み込む 場所に存在するがゆえ、海底に 世界有数の鉱物資源が生み出されるのだ。  日本企業の凄いところは、本来は第一次産業で あるはずの鉱業から、鉱山開発で培われた金属 ・化学・機...

続きを読む

とにかく世のため人のために行動してきた「利他の心」  第 2,062 号

とにかく世のため人のために行動してきた「利他の心」 第 2,062 号

本日は、稲盛氏の側近として日本航空(JAL) の再建に取り組んだ太田嘉仁さんと、稲盛氏の 評伝を執筆した作家の北康利さんの対談の 一部をご紹介します。 ★稲盛哲学のエッセンスが詰まった最新号 「稲盛和夫に学ぶ人間学」が発刊! 大注目のラインナップはこちら  ─────────────────── (北)  ……JALの再建を批判する人に、 ではあなたならできますか...

続きを読む

俺に言わせればヤクザの看板は邪魔なんだ  = 2-2 =  第 2,056 号

俺に言わせればヤクザの看板は邪魔なんだ = 2-2 = 第 2,056 号

 暴力団関連の土木建築会社が狙うのは、 原発の新規建設。「ずっと前から発電 所関係だけじゃなくて‥‥‥ああ いうのはプラントエ事っていう んだけど、化学工場とか、食品会社 の設備とか、もともとそういう仕事に うちらの会社が入ってたわけだ。当時は ヤクザの会社だってうるさく言われなかった。」  「ただ狙うのは新規工事限定だ。一発工事の ほうがはるかにラクだし、ヤクザに向い て...

続きを読む

俺に言わせればヤクザの看板は邪魔なんだ  = 2-1 =  第 2,055 号

俺に言わせればヤクザの看板は邪魔なんだ = 2-1 = 第 2,055 号

 暴力団専門ライターの著者が、ジャーナリスト では初めて作業員として福島第一原発に潜入し た。高濃度汚染区域で4ミリシーベルトを食 らい、防護服を着た作業のために熱中症 で昏倒。さらにヤクザと原発の密接な 関係も全て暴露。作業員派遣で暴利 をむさぼる親分が、ヤグサにとっ て原発は「最大のシノギ」であることを明かす。  原発は儲かる。「海から固めた。まずは漁協 の組合に話を通し...

続きを読む

秩序なき生き残り競争なら我々の方が(民主国家よりも)使える手段が多く有利だ  第 2,048 号

秩序なき生き残り競争なら我々の方が(民主国家よりも)使える手段が多く有利だ 第 2,048 号

 暗殺、デマ拡散、ハッカー攻撃―次々と世界 を揺るがす事件の背後を探るため、著者は 国境を越えて駆け回る。世界の大統領 から犯罪者まで幅広く取材。  偽サイトのトロール工場を訪ね、情報機関の 高官にも接触。時に身の危険を感じる状況 の中で、見えてきた真実とは。想像を 超えて進化する秘密工作、その 現状を活写する衝撃作。  私は特派員として2回、モスクワに赴任した。 その...

続きを読む

ロシア人は”地政学”という言葉が大好き  第 2,047 号

ロシア人は”地政学”という言葉が大好き 第 2,047 号

 ロシアの対外政策を、その特殊な主権観を 分析しながら読み解く。今やロシアの勢力 圏は旧ソ連諸国、中東、東アジア、そし て北極圏へと張り巡らされているが、 その狙いはどこにあるのか。  北方領土問題のゆくえは。蜜月を迎える 中露関係をどう読むか。ウクライナ、 グルジア(ジョージア)、バルト 三国など、旧ソ連諸国との戦略的関係は。 中東政策にみるロシアの野望とは。ロシアの ...

続きを読む

「明鏡止水」=くもりのない鏡と波立たない静かな水=「平常心」  – 2-2 –  第 2,045 号

「明鏡止水」=くもりのない鏡と波立たない静かな水=「平常心」 – 2-2 – 第 2,045 号

 米国のランド研究所は、文書のなかで、中国 人民解放軍が米国の弱点を、情報やC4ISR、 ネットワークに頼りすぎていること、 複雑な後方支援作戦、帝国的な 伸延、人員被害に敏感なこと、 同盟国の前方展開基地に頼りすぎ ていることなどと分析し、その米国の 弱点を衝くべく努力を傾注しているとしている。  現代の中国戦略は『孫子』に基づいており、 中国を安全保障上の最大の懸念として...

続きを読む

スポンサードリンク